福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

新型コロナ感染拡大に伴い、各店舗の営業・定休日等に変更が 生じる場合があります。
必ず事前に店舗にご確認いただきますよう お願い申し上げます。

まじうまコラム

白河高原清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河高原清流豚(しらかわこうげんせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河高原清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

ヒノマル食堂 ニューシンバシ店

店主は、魚料理にこだわりがある。ふくしま常磐ものの質の良さを修行時代から知っていて、仕入れ先との出会いで扱うようになった。ホッキ貝、平目、めひかりなど折々に旬のものを扱っている。福島の地酒も常時置いている。酒と魚を手軽な…

蕎麦割烹 倉田

日本料理の名店神谷で修行したオーナーが平成26年に独立開業。蕎麦は会津のかおりを使用。「風味、味わいが他を圧倒しているから」とオーナー。福島県内生産者と交流を持ち、修行時代からのつながりを大事にしている。店構えが示す通り…

PIASIS 新橋店

震災後、福島県の酒の仕入れを通じて、福島応援を始めた。「福島の酒しかない!」にこだわり、福島酒援・食援の店として定着している。会津地鶏、馬刺し、野菜、魚など吟味して選ばれたオール福島の食材の宝庫。福島アンバサダーのいる店…

BAR 保志 IRIS

オーナーは、会津若松市出身で、世界大会総合優勝の世界一のバーテンダー。店内は落ち着いた空間で、ゆっくりくつろげる。季節に応じて、福島の果実を使ったカクテルを提供。つまみに馬刺しもある。他に銀座に6店舗。会津若松市、宇都宮…

店名から探す