福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

白河清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河清流豚(しらかわせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

鉄板さくら 田谷

店主の奥様が南相馬市出身。親戚から県産野菜を仕入れ、お米も会津のコシヒカリにこだわっている。格調があり、接待用の店としてはうってつけ。ランチ限定のさくら丼はヘルシーながら、とろける馬肉の漬けが会津米のうまさと調和した大人…

乃木坂 海華月

福島県の事業と連動して、福島応援フェアを定期的に実施している。飛露喜、会津娘、大七は常時楽しむことができ、季節ごとに福島県産食材も扱い、素材を生かした料理が絶品。隠れ家のようなたたずまいながら、内装が豪華。ランチは、京の…

ラ・ブランシュ

川俣町出身のオーナーシェフが経営するフランス料理の名店。プリフィックス形式の同店では季節により桃が、そして、常時「川俣シャモ」がメインディッシュに並ぶ。川俣、福島、そして日本への思いが強いシェフの店。おしゃれなフレンチな…

店名から探す