福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

新型コロナ感染拡大に伴い、各店舗の営業・定休日等に変更が 生じる場合があります。
必ず事前に店舗にご確認いただきますよう お願い申し上げます。

まじうまコラム

白河高原清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河高原清流豚(しらかわこうげんせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河高原清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

肉バル ノースマン 六本木店

豚肉は白河郡泉崎村、中野目畜産こだわりの「夢味(ゆめあじ)ポーク」。前菜替わりの付き出しサラダのドレッシングには会津高砂屋のキンタカサゴ醤油を使用。店内はカジュアル感あふれ、お手頃価格ながら味にこだわる良質な福島応援のお…

のみ処 やすらぎ

浅草の地元に愛されて11周年を迎える、喜多方市出身の店主のお店。馬刺し、会津の酒をはじめ、店主の実家(平塚りんご園)から届く季節の野菜・果物、りんごジュース等を堪能できる。¥1,500~¥5,000のおまかせコースがおす…

金澤亭

創作うどん専門店の看板通り、うどんをいろいろな料理で楽しむことができる。喜多方出身のオーナーは、イタリアン、和食、スペイン料理をこなす。うどんをベースとしながら、意外な組み合わせ料理も楽しめる。

倶楽部エル

法人会員の社員・家族と会員紹介のゲストのみが利用できるお店。5Fから8Fまで、フロアごとに違う個性があり、利用目的に合わせてセレクトできる。福島県内のお店と見まがうほど、福島県食材が豊富。「福島酒援・食援」をキャッチフレ…

店名から探す