福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

白河清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河清流豚(しらかわせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

分とく山

日本料理店。食材のありのままの姿の味付けにこだわり、日本の四季の美しさを食材と共に味覚として吟味していただく。その思いを持つ良き客たちに愛される店のひとつ。

海と

新鮮な魚介類を産直で取り寄せるほか、養鶏場を自社で保有し、毎日新鮮な“山形さくらんぼ鶏”を使っている。そして、料理の脇を固めるのが会津から取り寄せている白米と店主こだわりの福島の酒。酒は花泉しか置かない、とい…

走り長屋

郡山市磐梯熱海出身、「離れ宿よもぎ埜」などを経営する方がオーナーの店。会津坂下町直送の馬肉、会津地鶏の卵など福島の食材がメニューに並ぶ。日本酒も「飛露喜」をはじめ稀少な品揃え。〆は喜多方市山都産十割蕎麦と、福島を肴に、福…

お魚ダイニング 三好

明るく、広々とした店内は60席。座敷席、テーブル席、カウンターも選べ、家族連れでも気軽に入れる雰囲気のお食事処。食事は魚介料理・寿司、酒は福島の日本酒(会津中将・写楽・寿・国権)を揃えている。

店名から探す