福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

白河清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河清流豚(しらかわせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

黒てつ家 本店

都内ではなかなか食べることのできない、新鮮な会津の生馬刺、馬肉の希少部位を約8種類取り扱う貴重なお店。日本酒は福島の銘酒のみ。会津の魅力を若さあふれるスタッフが一丸となって伝えている。

BAR 保志 IRIS

オーナーは、会津若松市出身で、世界大会総合優勝の世界一のバーテンダー。店内は落ち着いた空間で、ゆっくりくつろげる。季節に応じて、福島の果実を使ったカクテルを提供。つまみに馬刺しもある。他に銀座に5店舗。会津若松市、宇都宮…

JOE’SMAN2号

地元双葉町に帰り、始めたのが「JOE’SMAN」。原発事故で避難を余儀なくされ、川崎市の飲食店で勤務した後、平成26年10月に、三軒茶屋で“再開”したのが「JOE’SMAN2号」。創作鮮魚専門料理と燗酒の旨い店。その中心…

鉄板さくら 田谷

店主の奥様が南相馬市出身。親戚から県産野菜を仕入れ、お米も会津のコシヒカリにこだわっている。格調があり、接待用の店としてはうってつけ。ランチ限定のさくら丼はヘルシーながら、とろける馬肉の漬けが会津米のうまさと調和した大人…

店名から探す