福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

白河清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河清流豚(しらかわせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

ラ・ブランシュ

川俣町出身のオーナーシェフが経営するフランス料理の名店。プリフィックス形式の同店では季節により桃が、そして、常時「川俣シャモ」がメインディッシュに並ぶ。川俣、福島、そして日本への思いが強いシェフの店。おしゃれなフレンチな…

福島郷土料理 居酒屋なべちゃん

只見町出身のオーナーのお店。日本酒は全て福島県のもの。只見町のお酒「ねっか」、只見町産米の料理を常時楽しむことができる。福島牛、エゴマ豚、会津地鶏など、県産ブランド肉の料理や季節に応じた野菜、鮮魚の創作料理なども気軽に楽…

海と

新鮮な魚介類を産直で取り寄せるほか、養鶏場を自社で保有し、毎日新鮮な“山形さくらんぼ鶏”を使っている。そして、料理の脇を固めるのが会津から取り寄せている白米と店主こだわりの福島の酒。酒は花泉しか置かない、とい…

会津郷土料理&地酒 福こぼし 平井店

オーナーは榮川酒造との出会いで会津の大ファンになった。「会津の良さを広めたい」という想いで、震災翌年にお店をオープン。親子3世代で、会津の食を楽しめるお店として、郷土料理だけでなく、カレー焼きそばなど、知る人ぞ知る会津メ…

店名から探す