福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

分とく山

日本料理店。食材のありのままの姿の味付けにこだわり、日本の四季の美しさを食材と共に味覚として吟味していただく。その思いを持つ良き客たちに愛される店のひとつ。

勘之丞

店長は震災後、福島市ホテル辰巳屋でシェフを務め、県関係者との交流も深い。野菜は開業時からあぶくま有機野菜を小野町の契約農家から仕入れ、その他の食材も安全でからだにやさしい、美容と健康にいいものにこだわっている。福島県食材…

会津馬刺し 炭火焼鳥 門前仲町 彦酉

JA会津よつばのオリジナル商品認定店の第一号。辛子みそをつけて食べる赤身の馬刺しなど会津料理を多くの方に知って食べて欲しい。その思いから、平成28年4月にオープンした。客を対象とした県内生産者を巡るツアーを実施するなど、…

やき鳥 歩ム 自由が丘本店

会津地鶏専門店の炭火焼鳥の店。一羽丸ごと仕入れるため、あらゆる部位が食べられる。濃厚で、深みのある会津地鶏を丁寧な焼き場の仕事が一層引き立てている。福島の地酒と合わせると絶妙な味わいを堪能できる。

店名から探す