福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

白河清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河清流豚(しらかわせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

蕎麦割烹 倉田

日本料理の名店神谷で修行したオーナーが平成26年に独立開業。蕎麦は会津のかおりを使用。「風味、味わいが他を圧倒しているから」とオーナー。福島県内生産者と交流を持ち、修行時代からのつながりを大事にしている。店構えが示す通り…

たけがみ 一轍蕎麦

日本食の〆として出していた福島県産蕎麦粉の手打ち蕎麦がヒットし、専門店として開業。 せいろ蕎麦と特製炙り寿司セットが海外の顧客にも受け入れられている。自家製日本酒“たけがみ”もつまみと相性抜群。店主は柔らかい物腰で、女性…

浩太郎丸

店長自らが会津に食材を探しに行き、会津地鶏、会津産コシヒカリをメニューに取り入れている。ランチでは、「会津のおいしい米をお客様にたくさん食べてほしい」と、おかわり1回(無料)できるうれしいサービスが。赤ちゃん・お子様連れ…

日本橋ふくしま館 MIDETTE

ふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信! MIDETTEって・・・ 福島県の方言「みでって」。 立ち寄って、見ていってくださいというお誘いの言葉です。 福島県には、地域への誇りを持ち、食と文化を守ろうとしている人々…

店名から探す