福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

レストラン ル・ジャポン(Le japon)

いわき市出身のシェフ。スペシャリテの土鍋ご飯とフォアグラ担々麺にいわき市「小泉園」のお米を使用している。カウンターやテーブルの木の香り、料理、ワインの香りがそれぞれ楽しめるよう、オープンキッチンで、「自然」を感じる心地よ…

プティ ボノ(Petit Bonheur) 

全国から産地直送の野菜を使ってサラダバーランチを提供している。中でも、大玉村産野菜を各種サラダ、パスタ、スープなどに通年利用し、店頭で定期的に大玉村産野菜を販売する取組みを行っている。いちごのドリンク、ピンクスムージーに…

Beauty&Dining Dolphin

昼間はネイルのビューティサロンとスクールを営業。夜から飲食営業の店。伴助の干物、二本松のシードルを常時扱い、福島県産の野菜も季節に応じて仕入れている。オーナーが福島県支援団体のサポーターであり、福島にエールを贈る港区の隠…

オステリア イル レオーネ(OSTERIA IL LEONE)

イタリアトスカーナの伝統料理に福島の季節の食材を使用したオリジナルメニューを提供。福島の生産者と一緒にイベントも開催している。 取り寄せている季節の旬の野菜メニューについては、時期によるのでお店に問い合わせのこと。

店名から探す