福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

新型コロナ感染拡大に伴い、各店舗の営業・定休日等に変更が 生じる場合があります。
必ず事前に店舗にご確認いただきますよう お願い申し上げます。

まじうまコラム

白河高原清流豚に魅せられた、大七酒造の元蔵人。
「夢酒みずき」店長 中川桂太(なががわ けいた)

福島県のブランド豚、白河高原清流豚(しらかわこうげんせいりゅうとん)を知る人はそう多くない。コクとうまみが深く、食べごたえのある食感が癖になる。

一時期、食の修行を兼ねて、二本松市の大七酒造の蔵人をやり、日本酒づくりに従事していた。その縁で、福島県内の食材にも目を向けるようなり、出逢ったのが、白河市で生産されている、白河高原清流豚。味はもちろんだが、生産者の心意気とこだわりにほれた。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

鯨の胃袋

店主は郡山市の出身。鯨料理専門店として店を開いたが、震災後、ふるさと福島を応援し、恩返しをしたいという思いが募り、福島食材を扱うようになった。魚・酒・会津地鶏のほか、加工品の優れものもひと手間かけて提供する。福島の家庭食…

夢酒 みずき(ムッシュ ミズキ)

銀座という場所柄、福島県の銀行や企業の支社も多く、県にゆかりのあるサラリーマンや企業人に愛されている。喜ばれるのが、白河市農産物ブランド認定の希少な白河高原清流豚。都内でもなかなか食べられない。食材にこだわり、日本酒にこ…

黒てつ家 本店

都内ではなかなか食べることのできない、新鮮な会津の生馬刺、馬肉の希少部位を約8種類取り扱う貴重なお店。日本酒は福島の銘酒のみ。会津の魅力を若さあふれるスタッフが一丸となって伝えている。

ふじい de みのり

川俣町出身の店主が駒沢公園近くの住宅街で営む路地裏の小さな店。川俣シャモの炭火焼・焼餃子、檜枝岐村の岩魚骨酒、会津坂下町の馬刺、喜多方市山都の蕎麦など、福島の逸品がメニューの中心を飾る。これらを肴に、飛露喜、泉川をはじめ…

店名から探す