福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

ふじい de みのり

川俣町出身の店主が駒沢公園近くの住宅街で営む路地裏の小さな店。川俣シャモの炭火焼・焼餃子、檜枝岐村の岩魚骨酒、会津坂下町の馬刺、喜多方市山都の蕎麦など、福島の逸品がメニューの中心を飾る。これらを肴に、飛露喜、泉川をはじめ…

日本橋ふくしま館 MIDETTE

ふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信! MIDETTEって・・・ 福島県の方言「みでって」。 立ち寄って、見ていってくださいというお誘いの言葉です。 福島県には、地域への誇りを持ち、食と文化を守ろうとしている人々…

プティ ボノ(Petit Bonheur) 

全国から産地直送の野菜を使ってサラダバーランチを提供している。中でも、大玉村産野菜を各種サラダ、パスタ、スープなどに通年利用し、店頭で定期的に大玉村産野菜を販売する取組みを行っている。いちごのドリンク、ピンクスムージーに…

鞍手茶屋 大手町店

開店35年目を迎える鞍手茶屋大手町店。店はなんとも落ち着きのある風情を醸し出している。郡山市に本店がある。郡山、街道名物、けんちんうどんは絶品。郡山市からお米、会津若松市からは馬刺し、みそ、山菜類に加え、日本酒も複数銘柄…

店名から探す