福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

新型コロナ感染拡大に伴い、各店舗の営業・定休日等に変更が 生じる場合があります。
必ず事前に店舗にご確認いただきますよう お願い申し上げます。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

そば処 福助

店主は常連さんに頼まれて福島を応援するようになった。現在二代目で、店は創業67年の老舗。福島食材は薬味のネギを中心に野菜はなるべく福島産にしている。また、日本酒も奈良萬、大七など福島銘柄を数種類揃えている。

乃木坂 海華月

福島県の事業と連動して、福島応援フェアを定期的に実施している。飛露喜、会津娘、大七は常時楽しむことができ、季節ごとに福島県産食材も扱い、素材を生かした料理が絶品。隠れ家のようなたたずまいながら、内装が豪華。ランチは、京の…

やき鳥 歩ム 自由が丘本店

会津地鶏専門店の炭火焼鳥の店。一羽丸ごと仕入れるため、あらゆる部位が食べられる。濃厚で、深みのある会津地鶏を丁寧な焼き場の仕事が一層引き立てている。福島の地酒と合わせると絶妙な味わいを堪能できる。

Shot Bar COOLA

福島県南会津出身のオーナーが立ち上げた路地裏の隠れ家バー。店名は、会津地方の蔵の文化に英語のcoolを掛けている。いかにんじんなど、つまみは県産加工品。シードルは一杯からでも味わえる。ワイルドターキー社主催のマーケティン…

店名から探す